忍者ブログ
ゲームに関するメモやレポートを貼り付けておく場所。 全て一個人の見解である事をふまえてご覧ください。
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    プロフィール
    HN:
    性別:
    男性
    職業:
    プランナー
    最新コメント
    [10/28 iwatarosu]
    [03/18 *スノーマン*]
    [03/03 *スノーマン*]
    ブログ内検索
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日は期待を胸に 帰宅したのですが、その時既にサバが停止していたので、復旧後のわずかな時間だけのプレイとなりました。

    さて、まさに今日初のプレイによるファーストインプレッションですが、まず操作の変更に戸惑いました。

    決して悪い意味ではなく、新しいゲームとしてプレイすると思ったほうが良い感じ。
    ブート周りの根本的な変更により、AC4を初めてプレイしたときのときよりも動きに戸惑うと思います。

    大きな違いはブーストを吹かしても機体が上昇しない点。
    ジャンプした高さからゆっくり下降していきます。この辺は先の放送などを見ていて頭では理解していましたが、実際に触ると意外と驚きました。

    また、ブーストがボタンおしっぱではなく、ONとOFFの切り替えになっていることにも慣れが必要です。
    意味も無いのについおしっぱにしてしまいますね。
    あと最初びっくりしたのはこの普通のブースとではENゲージが減らないこと。
    ずーっとブーストモード起動しっぱなしで移動してもまったくEN切れしません。
    ただしEN効率が極端に悪いアセンをした場合はわかりません。
    どうやら今回は基本的にはブーストを起動しっぱなしで動くような感じです。

    4系のQBに該当するブーストは間隔としては似たように利用できますが、ブーストゲージの消費が激しいので4のようにブンブン左右に振るようなことはできません。どちらかと言えば重たい攻撃をかわしたり、すばやく壁キックへ行くための手段のようです。

    OBに当たるグライドブースとは、地上をブースト移動しているときにしか起動できないようです。起動後に空中に浮く分には問題ないです。これは従来のOBより使い勝手が良くなってます。前後左右に動けますし、ENの消費も割りと控えめで、これまでのゲージを消費する地上ブーストの高速版といった感じで利用できそうです。
    ブーストモードをOFFにしたり障害物に当たると停止します。

    心配なのは構えが必要な武器が当たるのか?と言うことと、構えてる間の無防備さは大丈夫なのかという2点において、大型武器の需要がタンク以外に発生しうるのか?と言うことかな。

    今日はガレージとACテストを往復しただけだったのでとりあえずここまで。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ACV感想その2 領地ミッションとか HOME ACVのCBTについて
    Copyright © Dr.雫のゲームラボ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]