忍者ブログ
ゲームに関するメモやレポートを貼り付けておく場所。 全て一個人の見解である事をふまえてご覧ください。
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    プロフィール
    HN:
    性別:
    男性
    職業:
    プランナー
    最新コメント
    [10/28 iwatarosu]
    [03/18 *スノーマン*]
    [03/03 *スノーマン*]
    ブログ内検索
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     
    パーツも一通り全部そろえたのでいよいよ相方と領地ミッションへ突撃しました。
    最初は進行側でやったんですが、そりゃーもう公式の放送をなぞるようにトンネルを出たら蒸発しました見たいな感じでした。

    何戦かやるうちに解ったのが、砲台のダメージがめっちゃ痛いってこと。
    対人戦の場合はそれにプラス相手ACと戦わなければならないので、攻める側は本当に大変。
    しかもマップがトンネルor河川の2ルートで河川側は進行に時間がかかるためどうしてもトンネル出口での攻防になってしまい、出口にタンクが2体居たりするとめちゃ厳しいです。
    フルメンバーの際はどこかで砲台設置数の少ない河川から攻めないと厳しそうな印象ですね。

    防衛側もやりましたが、こっちはこっちでなんともいえない緊張感があります。
    河川とトンネルを両方は見れないので相手が来るまでドキドキです。
    下手に深追いして砲台の無いところに誘い込まれるなんて言うことも良くありました。
    今のところターゲットを全部ぶっ壊されて負けたことは無いのですが、攻める側が全力でターゲット破壊に来た場合も経験してみたいですね。

    傭兵のシステムはまだまだ挙動が怪しいところや改善して欲しいところはあるけど、一人でも気軽にチーム戦が出来るのはとってもいいシステムですね。
    今はこのシステムが有効に働いていて、領地ミッションで対戦になると大体4vs4になります。
    チームメンバーが少なくても傭兵を雇って数をそろえることは出来るので、これまでのACとは一味違った対戦が出来るし、クロムハウンズより団体戦を楽しみやすくなっていていいですね。

    現状傭兵を雇うのは無料のようですが、実際は傭兵にランクを付けてランク別に料金が発生するようになるのかな?


    さて、今後はちょっと各種パーツの大雑把な使い心地にでもフォーカスしていきましょうかね。
    細かな数値の調整に云々言うつもりは無いですが、大体こんな感じで使うパーツっぽいとかそういう感じで。
    それではまた近いうちに。。。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ACV CβT体験記 機体パーツ編 HOME 初日
    Copyright © Dr.雫のゲームラボ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]