忍者ブログ
ゲームに関するメモやレポートを貼り付けておく場所。 全て一個人の見解である事をふまえてご覧ください。
2018 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2018/09 10
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    プロフィール
    HN:
    性別:
    男性
    職業:
    プランナー
    最新コメント
    [10/28 iwatarosu]
    [03/18 *スノーマン*]
    [03/03 *スノーマン*]
    ブログ内検索
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     この度ACVのCBT(XBOX360)に当選しました。

    つきましてはプレイした上での感想などを投稿してゆこうと思います。

    パーツの強さについてはテスト用のものであるそうなので、その部分にはあまり触れないようにするつもりです。

    さて、ACfAでは結構がっかりしたものですが、Vではどうなっているでしょうか。

    期待と不安が折り重なった気持ちで明日を待ちたいと思います。
    PR

     前回の「攻撃」と「防御」の基本を覚えたら、次は実際ゲーム中にどうやって攻撃や防御を行っていくのかということになります。
     
    基本は攻撃のチャンスを探していくということになります。
     
    むやみに攻めても冷静な相手なら簡単に防御されるし、最悪の場合手痛い反撃をされてしまいます。
    特に最初のうちはジャンプ攻撃などの高いダメージを奪える行動を狙ってしまいますが、そればかり狙っていては相手に対応されて反撃されてしまいます。
    まずは距離をとって相手の様子を見るようにするといいと思います。
    その中で急にジャンプや突進することが意外性を持って相手に当たる攻撃になるわけです。
     
    だから相手との距離「間合い」が重要になるわけです。
    対戦動画などで、互いに一定の距離を保ちながらカクカク動いてるのを目にすると思います。
    これは、間合いを探りながら攻撃のチャンスを探しているのです。
     
    この状態で重要になってくるのが「牽制」です。
    相手が自分の攻撃が届く距離に入ってくるかもと思って攻撃を出す。
    こっちの攻撃がぎりぎり届く距離に入って、相手が何かしようとしてたら攻撃が当たるところで攻撃を出す。
    これがら牽制になるわけです。
    この時の攻撃は当たらなかったり、ガードされても反撃は受けにくいものを選ぶのがベストです。
    ここで前回に書いたリーチや攻撃の強弱が重要になると解ると思います。
     
    ただし牽制として攻撃をすればするほどいいと言うものではありません。
    攻撃をすれば、当然その分の無防備な時間が生まれます。
    そこを狙われる危険性もあるわけです。
    だから何もしないでうろちょろする時間があるわけです。
    何もしないことも牽制だと考えましょう。
     
    相手がこちらの牽制攻撃に意識が集中してきたら、飛び込んだり、突進に対して反応できなかったり、相手の牽制攻撃の隙を突いたりすることができるようになります。
    そうした攻撃ができるようになると、格闘ゲームはぐっと楽しくなります。
     

    苦手や出来ないゲームジャンルとして良く上げらる格闘ゲーム。
     
    必殺技がでない、コンボができない。
    何てことをよく聞きます。
     
    必殺技?コンボ?そんなものはじめはできなくて当然。
    今格闘ゲームをやっている人たちも初めてのときはそんなものはできなかった。
    でも楽しかった。
    それは、格闘ゲームが基本はいたってシンプルで、誰だって楽しめるものだから。
     
    そんな誰でも楽しめる部分について、まとめて見ることにしました。
     
     
    小難しいテクニックをいったん全部捨て去ったとき、格闘ゲームにあるのは非常にシンプルなルールだけです。
    すなわち
    ・制限時間内に相手より多く体力を減らす。(又は倒す)
     
    これのみです。
     
    その手段としてプレイヤーには「攻撃」と「防御」が用意されています。
    相手の攻撃を防ぎ、自分の攻撃を当てることで勝つことができるわけです。
     
    必殺技やコンボ、そのほかゲーム独特のシステムはこれらに+αがされた装飾品と考えてください。
    覚えなければ絶対に勝てないというものではないのです。
     
    つまり、最低限の攻撃方法と防御方法が分かれば、格闘ゲームは遊べるんです。
     
    何度も書きますが、重要なのは必殺技やコンボではなく「いかに相手の攻撃を食らわずに自分の攻撃を当てるか」です。
    これを楽しむことが、格闘ゲームの遊び方なんです。
     
     
     
    自分も初代は楽しく遊んだくち。

    しかしその後金銀などが出てもやる気は起きず、買わなかった。
    既にそのときにはアクションゲーマーとして目覚めていたのか、同じゲーム性であろう金銀を買おうと思わなかったのだ。

    それから月日は流れ、リメイクであるハートゴールド/ソウルシルバーが発売した。

    いまだに子供たちが熱中するポケモンが、今どうなってるのかを見たくて、買ってプレイ。

    しばらくは懐かしさもあって、楽しくポケモンを集めながら進んでたものの、四天王が倒せずにレベル上げ作業が始まったところでやる気が消失していきました。

    なんとか四天王は知り合いから強いポケモンを借りて倒したものの、その先に進んだときにはもうすっかりやる気が失われていました。

    それからしばらくたった今日、スパイスマンの日記で漫画家有賀ひとしさんのポケモン大会に行って来たっていう記事読んでて、ふと考えてみたのです。
     
    このブログがなんか白すぎるなぁと思ってテンプレの変更をやってみたら上手く表示されなかった。

    ・・・なんでだよ。

    分けわかんないなぁ。やだなぁ。

    もうちょっとユーザー的な記事を始めたかったのに。
    HOME 次のページ
    Copyright © Dr.雫のゲームラボ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]